終活・・・そんなことを考えてる人も多いかと思います。自分の最期をどう迎えるか、残された身内や親戚の負担にならぬよう「自らの責任と始末」として準備をしているようですね。最近は墓守がいなくなって「墓じまい」をする人も多いとか。
アマゾンには「お坊さん便」なんてのも出てきたし、日本人の死生観も大きく変わりました。次は墓かと思っていたら・・・もう出てたよ、イオンで格安のサービスが・・・こんな安くて済むんなら今までの金額は何なんだ~。 どうする?親のお墓自分のお墓 楽天ブックス

老後貧困から身を守る [ 細沢祐樹 ]   知って得する年金のもらい方 [ 磯村元史 ]
イオン 墓
イオンが2013年9月にスタートさせたようですが、埋葬料、永代使用料、永代供養料、永代管理料などすべて含めて3万5000円! こんな金額で大丈夫なのかな? 大手がやってるから数で儲けるのかな・・・http://www.aeonlife-eitaikuyou.jp/

一般的に墓は、高額な永代使用料を払っても土地そのものは自分の所有にはなりません。あくまでも墓の区画を寺院等から借りてるだけです。永代管理料も年間数千円程度が相場だから、一切を含めて追加料金ナシの価格設定35000円はべらぼうに安い・・・今までが言い値のボッタクリすぎだと思う。死ぬ時まで「金、カネ」と言われたくないもんね。静かに逝きたいよ。
親と一緒の墓には入る気がなかったので、これは良いかもしれないなあ・・・カタログだけでも取り寄せてみるかな。