今日は抹茶(お薄)の点て方です。色んな流派がありますが、美味しくいただければそれに勝るものはありません。趣味の茶道よりも美容・健康に重きをおいたので、一般的に紹介されているものより薄め、飲みやすいと思います。初めての人でも失敗しない点て方です。
老後貧困から身を守る [ 細沢祐樹 ]   知って得する年金のもらい方 [ 磯村元史 ]
1、まず、茶碗にお湯を入れて温めてね。この時ついでに茶せんも入れて馴染ませましょう。
2、茶碗の湯を捨て面倒でなければ布巾で水分を拭いてください。
3、茶杓に一杯(1gほど)の抹茶を茶碗に入れる。
お薄 茶杓
4、大さじ1 (15cc)の湯を入れ抹茶を茶筅で練る(溶かす)
5、ダマが無くなったら60ccの湯を入れ、茶筅で点てる。
6、アッという間に、お薄の完成。
お薄 完成
半口分の湯で抹茶を溶かす⇒ 溶けたら三口分の湯を入れる⇒ シャカシャカと点て完成。
先に抹茶を少量の湯で溶けばダマは残りません。この方法なら簡単で失敗もなし。

茶筅の振り方は「習字の墨をする」要領です。腕と肘を動かさずに手首だけで「墨をする」動作をしてください。その動作をマッハにする・・・茶筅の動かし方がほぼこれと同じです。
注意点としては二つ。
・茶筅は優しく振りましょう。力まかせのギシガシは厳禁ね。あくまで優しく軽やかに。
・泡を立てるのが目的ではありません。茶筅を入れて引き出すまで20~30秒が目安。

干菓子や生菓子と頂くとカロリーが気になります。ちょっとお高いしね。甘みがほしい時はチョコレートが便利ですよ。オススメは明治の板チョコか不二家のルックチョコ。