自民党・丸山和也議員の「奴隷」発言が問題になってますね。議員の発言は「まさか、アメリカの建国当初の時代に、黒人・奴隷がアメリカの大統領になるとは考えもしない。これだけのですね、ダイナミックの変革をしていく国なんです」とアメリカ上げしてるだけにすぎません。これがマスゴミの手に掛かると話の一部分だけを切り貼りされて『米大統領は黒人。奴隷ですよ』に変わっちゃう・・・悪意がありすぎ~、変見自在オバマ大統領は黒人か 楽天ブックス
老後貧困から身を守る [ 細沢祐樹 ]   知って得する年金のもらい方 [ 磯村元史 ]
丸山議員の発言に、米国のネットユーザーがコメントを寄せています。
「政治的正しさは、手に負えないような状態になっている。彼が言っていることは、 米国が奴隷制の時代から長い道のりを経て今に至ったということだよ」
「発言に悪意があったとは思わない。かつて黒人は白人とは同じ水も飲めなかった。 米国の大統領に黒人が選ばれるまでの劇的な変革を遂げたということを語っただけだ」
多くは発言を肯定的に受け止めてます。普通ならこうだと思う・・・

差別だと騒いでるマスゴミだって過去に、朝日新聞は「オバマ大統領の祖先、米国最初の奴隷」、毎日はミシェル夫人を指して「奴隷の子孫、ファーストレディへ」と報じてます。こっちの方が悪意に満ちた差別的な書き方だよね。
何でもかんでも、すぐ差別だと騒ぐ風潮があります。言葉尻を捉えて騒いでも何も変わりません。せめて国会ぐらいは、こんな事よりもマトモな論戦をしてほしいな・・・税金が勿体ないから。