今日はちょっと難しい問題を書きます。 やがて哀しき憲法九条 [ 加藤秀治郎 ]
「日本国憲法を変えよう」という議論がこれから行われますが、
一般庶民の目でもこの難題を見据えなきゃいけません。国の根本法ですから。
自分や周りの人たちの生命や財産を守るためには、目をつぶる訳にはいきません。

まず、個人的な立ち位置としては「消極的賛成派」かな・・・
今は何をどう変えるかが不明なので、方向性がハッキリしないと積極的にはなれません。
しかし、現憲法はなるべく早く変えるべきだとは思っています。

ブログ村 芸能一般情報 ← 香取慎吾、やる気なし&ノイローゼ・・・注目記事
幸せになれる!私の片付け術  書きたくなるお金ノート [ づん ]
俗に護憲派と称される人々は、憲法条文全部を護る気はサラサラありません。
皇室も自衛隊も否定して、死守したいのは9条だけ・・・もう宗教です。
また、改正にも猛反対してますが96条に改正の規定があります。
「憲法を守ろう」と言いながら、憲法が認めている改正を認めないってのは、
法の精神に違背します。騒いでるのはチャイナとコリアの傀儡なんだけどね。
他にも、団塊世代のお花畑も混じってるかな・・・

憲法改正は簡単には出来ません。国民投票もあるし、かなりハードルが高い。
ひとつの条文でも全面的にコロッと変えるってのは無理でしょうね。
枝葉に様々な関連法もあるし、なにより「法の連続性」を堅持しなきゃいけません。
日本国憲法は大日本帝国憲法の改正条文に基づき、改正されました。
なので建前としては法的連続性があることになってます。
分りやすい例えとしては・・・戦前の刑法犯の判例は今も生きてます。
これは現憲法と旧憲法に連続性があるため、その他の法もある一定の範囲内で、
連続してるっていう考え方が元になってるからです。

じゃあ何を変えるの?ってことになりますが・・・
現実的な改正案としては、次の3点だと思っています。
正しい口語体表記にする。
憲法前文(敗戦国としての謝罪)は不要。
自衛権を明記する。

現憲法はかなり誤植もあって、主語ばかり連続したり日本語として変な部分があります。
威厳と品位を保ちながらも、もっと分りやすくて響きのよい表現が出来るはずです。
また憲法前文ですが、敗戦国として連合国とマッカーサーにゴメンしてます。
こんな部分は要らないでしょ?戦後70年以上が経ちました。
いつまでもこんな箇所を残してるから、国連憲章の敵国条項も残ったままです。
日本ほど平和を希求し続けた国はありません。枢軸国の汚名は返上したいものですね。

次に自衛権の明記ですが、本来なら敢えて書く必要もないんですが、
明記することによって「第三国への多大な軍事的抑止力」が期待できます。
憲法九条はパリ不戦条約の内容を明文化したものにすぎません。
「戦争放棄」なんてのは世界各国の憲法条文でも珍しいものではなく、
100カ国ぐらいが高邁な精神を謳っているようです。その割りに戦争は減らないけどね・・・

決して左巻きは認めませんが自衛隊は合憲です。これは最高裁判断ね。
即ち、国際法で認められている自衛権を我が国の司法も認めてるってことです。
「自衛権を拡大解釈して、遠い国に行ってでも日本が戦争する!」
こんなことを言う人たちがいますが、答えはノー。
ここで威力を発揮するのが「法の連続性」です。
ご存知のようにイラク派兵は違憲判断が下されました。最高裁までいかなかったけど、
ペルシャくんだりまで自衛隊を派遣するのは自衛権の範疇を越えてるって事です。
これは一つの指標になります。現憲法下ではこれ以上のことは出来ません。
また法の連続性を備えてないといけないので、憲法を改正したとしてもこれはノーです。
地球の反対側に行って、自衛隊が戦争することはありません。これが法です。

護憲派の連中の気持ち悪いところは、憲法条文の一語一句に力があると思ってること。
憲法9条なんてのは主語が「アメリカに対して」ですよ。
米国に対して戦わない、武器を持たないとしてる誓詞にしかすぎません。
GHQの草案者が「まだ、あんなバカな憲法を使ってるのか!」と驚いたぐらい・・・
「国の交戦権」なんてのも、書いた本人がよく分らずに入れ込んだものです。
未だに何のことか分らずにきてますが・・・

どんなに崇高で立派な法でも、どう運用するかが肝要です。
憲法を拡大解釈させないのは国民の総意に依ります。
真に平和を愛する日本国民なら、今の中国や北朝鮮の軍事的脅威に物申さなきゃね。
土人よけのつもりで「自衛権は之を放棄しない」と憲法で謳いましょう。
人気ブログランキングへ もぐら0814 ←「参考になったよ~」って人は

貯められる人は、超シンプル [ 横山光昭 ]    人気ブログランキング 節約・貯蓄>>