兵庫・川西の女性暴行死
兵庫県川西市の女性暴行死は、かなりヘビーでドロドロした事件ですね。
10代から30代の男女と複数人の子どもが共同生活をしてた。しかも全員が生活保護!
こんなの役所で申請が通るのね。まあ日本人なら無理だろうけど・・・
尼崎の角田美代子の事件を彷彿させます。養子縁組して親戚になって集団生活。
そして誰かを殴る蹴る・・・力が余ってんなら働けよ。よくわかる生活保護 [ 高城一馬 ]

ブログ村 芸能一般情報 ← 日本人のふり、在日芸能人たち・・・注目記事
老後貧困から身を守る [ 細沢祐樹 ]   知って得する年金のもらい方 [ 磯村元史 ]
事件の概要が、おぼろげながら見えてきました。

兵庫県川西市の民家で平成25年に無職、肥後恭子さん=当時(25)=が同居していた兄の健太郎受刑者(29)=傷害致死罪で懲役5年確定=から暴行され死亡した事件に関連し、暴行に加わったとする傷害致死容疑で、肥後さんらと集団生活を送っていた同市鼓が滝、無職、田口恵子被告(32)=傷害罪などで起訴=ら4人を24日、兵庫県警捜査1課などが逮捕した事件で、田口容疑者らが生活保護費や児童手当を生活費の一部に充てていたことが分かった。

 事件をめぐっては、県警が当時、健太郎受刑者を現行犯逮捕。自供や周囲の証言、現場の状況から単独犯と断定し、26年に実刑判決が確定した。肥後さんや今回逮捕された4人は、肥後さんの実子3人を含む3世帯十数人で集団生活を送っており、うち20代女性が今年7月、県警に「支配下に置かれて生活している」と相談したことから4人の関与が浮上した。

 ほかに逮捕されたのは、肥後さんの元夫の弟で、田口容疑者と内縁関係にある無職、下地道嗣被告(34)=暴行罪で起訴▽道嗣容疑者と養子縁組をしている無職、下地貴慎(たかのり)被告(24)=暴行罪などで起訴▽貴慎容疑者の弟の無職少年(17)。

 逮捕容疑は共謀し、25年10月16日夜、肥後さんの全身を棒で殴打するなどの暴行を加えて死亡させたとしいる。田口容疑者は黙秘、道嗣容疑者は容疑を否認しており、残る2人は認めているという。

 捜査関係者によると、集団は田口容疑者と道嗣容疑者が内縁関係になったのを機に形成され、5~6年前には十数人の規模になった。田口容疑者が金を管理し、生活保護費や児童手当を生活費の一部に充てていたという。県警は田口容疑者が集団のリーダー格とみており、暴行を主導した可能性もあるとみて詳しい犯行状況を調べている。

 20代女性の相談後、今回逮捕された無職少年に田口容疑者らがライターで大やけどを負わせるなど虐待していたことが発覚し、県警が10~11月、田口容疑者らを逮捕していた。

 現場の民家の近くに住む男性(39)は「事件が起きる前、高校生ぐらいの男の子が車のトランクに入れられ、複数人に暴行されるのを見た。『やりすぎたら死ぬよ』と注意もした。当時、警察や自治会には集団生活の実態も伝えていたので、事件が単独犯とされたことをずっと疑問に思っていた」と話した。

これ、どう考えても・・・チョセン系の人たちが起こした事件だよね?
人気ブログランキングへ もぐら1226 ←「そう思うよ~」って人は

貯められる人は、超シンプル [ 横山光昭 ]    人気ブログランキング 節約・貯蓄>>